×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2. 住みたいところ・部屋の希望を固める

場 所

  • 学校、会社に通うのにべんりなあたりとか、親戚が住んでるあたり
  • バイトで行ってたところだから、このへんなら知ってる、というところ

ダメなのは、、、「おしゃれな街だから」とか、「友達が住んでるとこだから」とかで何も考えずに決めること。
おしゃれな街、自由が丘とかは家賃が異常に高い

部屋の狭さ・広さ

これはお金次第。むしろ、自分の予算の中で部屋を探すべき。始めはだれでも6帖・ミニキッチン・ユニットバスのワンルームから。
右は私が実際に一人暮らしをスタートした部屋。

若いうちは狭い部屋を工夫して使うほうが楽しいし、お金も貯まる(古い木造アパートをいい感じのインテリアに改造して、かっこよく住んでる人もよく紹介されてます)。

関連記事
ひとり暮らし用インテリア雑誌紹介ページ

他の条件

ユニットバス
  • 鉄筋のマンションか、軽量鉄骨のハイツ、木造アパート?(新築でも住みたくない?)
  • 駅から何分までなら我慢出来るか 、バスに乗らなくちゃならなくても構わない?
  • 日当り、風通し、うるさい国道・線路に面してないか
  • 変な人が隣に住んでない? のぞくとか。

    →住んでから怖い思いをする前に
    警視庁の女性の一人暮らしサイトで対策をゲットしよう! (2009.Nov.05追記)

  • 絶対に風呂、トイレが別れてる方がいいか
関連記事
賃貸のコツ、解説のサイト
部屋探しお役立ちリンク内"警察"
コラム: 警察庁/警視庁のサイトをすすめる理由

インターネット上には山ほどの防犯サイトがあります(Googleで「防犯」を検索すると1,490万件出てきます)

防犯コンサル会社のや、自称元警察官、賃貸不動産会社、ここみたいに実際に一人暮らしをしている人が書いているもの、色々です。

うがった言い方だけど、一番タメになるのは、犯人自身が「こういう物件は、とても仕事がやりやすかったです。」
と、実体験を解説してくれるのを読んで研究することなんですが、探せませんでした。

警察の中には悪い人もいて、犯人の手口をマネるようなことも、実際にあります。
でもそれはほんの一握りだけで、ほとんど全ての警察官が、私たちの安全な暮らしを犯罪者から守ろうと毎日、過酷な勤務に取りくんでいる、と思っています。

その真心というんでしょうか、真摯な使命感から作ってくれたページは、信頼するにあたいすると思うので、おすすめしています。

(見栄えはここ同様、素朴で若干時代遅れなんですが。それも予算のない中で、ホームページ制作が本業じゃない事務官さんたちが、一生懸命HP作成の本を読みながら作ったんだろうなぁ、と思えて温ったかくなります。)   追加: 5 Nov 2009

前へ次へ

このページのトップへ